2013年12月06日

古典舞踊の難しさ

盆踊りが大好きで夏はよく踊りに行きます。踊っている人たちを見るとみんな楽しそう。振り付けは簡単だし、それさえ覚えたら好きに踊って発散してる~っていう感じがします。
カタックはどうでしょう?カタックに限らず舞踊には型があります。姿勢や動きが決まっていて、それを身につけなければなりません。好きに踊ることは出来ないのです。そうでなければカタックに見えません。でもそのためには、長い時間をかけて基本の姿勢や動きを、ひたすら反復練習する必要があります。だからまずは反復練習するのが好きな人が踊りが上手になる人だと思います。
でもそれと同時に、動きの中に自分の感情を入れなければいけません。ラジオ体操のようでは伝わるものはありません。感情といってもいろいろありますが、私はまずは自分が踊っていて楽しい、「見て、見て私の手の動き、きれいでしょ」といった気持ちなのかな・・と思います。
気持ちよく、楽しく踊り、動きの中に自分が溶け込んでなくなってしまうような感じになることだと思います。
しかし速いリズムの中で振り付けをこなし、同時に姿勢などにも気を配り・・・いろいろ考えなければいけないのであまり自分が溶け込んでなくなってばかりもいられません。かといって眉間にしわを寄せて姿勢や動き、振り付けをこなすことばかりを考えていてもいけないのです。
いつもレッスンをするときに思うのですが、カタックの型や振り付けをただ一生懸命おどる生徒さんたちに、どうしたら盆踊りのように楽しくはじけて踊ってもらえるのだろう?カタックはかたちになるのに時間がかかります。そのための反復練習も楽しく踊っていただきたいものです。

2013年12月03日

奈良、平城京でインド舞踊


チュムチュムマハルは奈良、平城京のすぐ近くにあります。平城京は大極殿などの建物も建築されてますが、大部分は何もない草原です。インドの大平原に似ているな~と思うのは私だけでしょうか?
インド亜大陸は移動していて、白亜紀にユーラシア大陸に衝突し,ヒマラヤ山脈を隆起させ,今も1年に67ミリ北上しているらしいです。本当にパワーのある大地ですね。
インド舞踊ははだしで踊ります。大地に近い踊りです。大地のパワーを感じて踊ってみるのはいかがですか?
HI3H0722
HI3H0727



2013年11月28日

カタックとヨガ

カタックは体が柔らかくなければ出来ないですか?
そんなことはありません。他のインド舞踊の中にはヨガみたいなポーズが出てくるものもありますが、カタックにはありません。
しかし基本の姿勢はとても重要です。内もも、おしりをひきしめ、下腹に力をいれ、しっかり腹筋や背筋を使って下半身を安定させ,胸筋を開き上半身の力みをなくす立ち方。これはヨガの山のポーズや立ち方と共通すると思います。
そしてこの基本の姿勢が取れていないのに無理な練習をすると体を痛めることにもなります。例えばハイヒールを履いて踊ったり、中腰で踊ったり、爪先立ちで踊ったり・・・いろいろな踊りがありますが、カタックは基本の姿勢やステップを直立したまま行います。だからこそ自分の立ち方を見直していくことが必要です。
そのためにヨガを取り入れていくことは有効です。骨格は訓練で変化するものです。
そしてそれは必ず身体や精神に良い影響を与えてくれるでしょう。

2013年11月24日

カタック教室

     chumchummahal
奈良でカタック教室をしています。大阪や京都から通うことも可能です。
インド舞踊のことはよく分からないけど、踊ってみたいと思っている方、楽しく運動したい方、踊りが初めてな方も、初歩から丁寧に指導します。
見学、体験レッスンは随時行っています。swastika_room



カタックとは

   カタックの始まり
カタックは北インドで伝承されてきた舞踊です。
中央インドのヴィシュヌ神を信仰する人々の舞踊劇などが基になり、中世以降イスラム教徒の支配下でヒンドゥー、イスラムの2つの文化が融合しあい発達してきました。

   どんな舞踊?
他のインド舞踊が「ヒンドゥーの神に捧げる祈り」の要素が大きいのに対し、カタックは王の宮廷で踊られる宮廷舞踊として発達してきました。
その様式は純粋舞踊とパントマイム的な部分によって構成されます。
パントマイム的な部分はアビナヤと呼ばれ、ヒンドゥー教の神々に対する祈りを表現したり、クリシュナ神の恋物語を表現したりします。体のジェスチャー以外にも顔の表情やムドラ(印)なども用いて表現します。
基本の動作が歩行運動とよく似ているので、無理な体勢を取ることもありません。速いリズムですので反射神経も良くなり気軽な運動になります。

3



チャッカール

チャッカールとは旋回のことです。カタックではとても優雅な、またスピーディーで力強い旋回がたくさんでてきます。体をコマの軸のようにくるくる回るのは慣れてきたらとても小気味がいいです。PB280048


2013年11月23日

リズムが大切

この舞踊で大切なのはリズムです。このリズムは一定の周期を持つ「ターラ」と呼ばれています。
16拍子(ティンタル)10拍子(ジャプタル)12拍子(エクタル)などがあります。
この一定の周期を変化にとんだリズムで分割していきます。一見無造作なリズムのようですが実はとても綿密です。大原則として1拍めに戻ったときに1つのリズムパターンは終了します。
踊り手は足に100~200個の鈴(グングル)をつけてステップを踏み、太鼓(タブラ)とリズムを合わせます。
リズムが複雑なのに対しメロディーは拍子周期を刻むように同じ旋律を繰り返します。メロディーがリズムを刻み、リズムを自由に遊ばせているという感じです。
インド音楽は西洋音楽のように楽譜に残すことはなく、口伝で師から弟子へ継承されます。
BlogPaint
グングル
HI3H0696
タブラ


2013年11月21日

プロフィール

  スワスティカ・ビンドゥ
1993~インドのベナレス・コルカタにてカタックを学ぶ。ラクナウ派のダンサー、マドミタ・ロイに師事、パダティック・ダンススクールに留学。
1999年帰国後パフォーマンス活動に力をいれ、カタックを多くの人に紹介できるよう努めている。
2016年ビルジュマハラージWSに参加。
1